FC2ブログ

ドッグフェスティバルin門司港2日目

4月15日
ドッグフェステバルIN門司港2日目
 どんよりとした空模様
岡山で開催される予定のしっぽいちの中止になったと連絡が・・
雨マークはついてないけど心配・・・

朝準備前に門司港レトロ地区をミニーとおさんぽ

6263497_2308926168_251large.jpg


6263497_2308926167_38large.jpg

6263497_2308926166_182large.jpg

6263497_2308926164_181large.jpg

 昨年リニューアルした門司港駅

6263497_2307588989_215large.jpg

6263497_2307588995_198large.jpg

6263497_2307588982_185large.jpg


6263497_2307589001_205large.jpg


6263497_2307589002_56large.jpg

みどりの窓口もレトロ仕様

6263497_2307589011_231large.jpg

みどりの窓口の天井
6263497_2307589015_191large.jpg


6263497_2307589018_87large.jpg

始発駅は終着駅


2日目もお客様ぞくぞくご来場

6263497_2307589021_77large.jpg

開場前の写真です。

<6263497_2307589133_119large.jpg

バニちゃんもご来店

お昼すぎから雨降り出し
少し早めの撤収でした。

思いが同じ大好きなイベントです。
主催者さんがFBに書かれている文章を

「5年という月日、人にとっても短いものではありませんが、このイベントの主役であるワンコたちにとっては、20年にも30年にもあたる年月です。
仔犬は成犬になり、壮年期の子はシニアになり、お空に還って行った子もたくさんいると思います。
私たち実行委員もこの5年間、自分のワンコと向き合い、変化を感じたり見送ったりしてきました。
私たち人間に比べて、犬の生涯は本当に本当に短いです。
たった10年で老いが見え始め、出来ていた事がどんどん出来なくなります。若くても突然の病気で、それまでの生活が一変する事もあります。
そうなった時、それはとっても辛い事ですが、仔犬時代も元気な若い時期も、年老いても、病気になっても……そのどれも全部、その子の一生、その子そのものだと思います。
このイベントのただひとつのテーマ「今目の前にいる子を生涯愛しましょう。愛こそすべて。」というのは、いい時も辛い時も寄り添って、途中で決して見放したり目をそらさずに、お別れのその時まで全力で愛しましょうという事だと思うのです。」

主催者さん、スタッフの皆様
そしてご来店いただきましたお客様
来年またお会いできればと思っております。
ありがとうございました。

この日の宿泊は俵山温泉
山口県内の数少ないわんこOKお宿山口屋別館

http://www.yamaguchiya.in/

6263497_2307648624_245large.jpg

この離れがペット可の建物です。

お宿の感想ねぇ?
お部屋は歴史ある古さ、むっちゃ広い
お食事は良かったよ。
お風呂も古いけどとっても温まりました。

日本旅館に大型犬連れはちょっと厳しいかな。


スポンサーサイト



プロフィール

エリーママ

Author:エリーママ
バーニーズのエリーと14年
2012年4月から元保護バーニースのソアラと1年半暮らしました。
2014年7月から愛護団体より譲渡されたバーニーズのミニーと生活しています。

どうぶつがすこやかに生活できるよう身近なことから活動中、大阪府動物愛護推進員

長女はダンサーのな~ 現在ドイツのバレエ団(Mecklenburgisches Staatstheater)で踊っています。


定年退職したウジラパパと二人で木、紙、布で動物モチーフにした作品を作成して
「ローラの森」でわんこイベントや手づくり市等で販売しています。
ミニーは良き看板犬になるため、只今修業中です。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク